競馬予想総合情報サイト-当たる競馬予想~週末のレース予想をチェック!~

当たる競馬予想~週末のレース予想をチェック!~

全国の競馬場を紹介

競馬用語辞典

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

は行 競馬用語

帽色(ぼうしょく)
騎手がレースの時かぶるヘルメットの色のことで、枠順が分かりやすいようにそれぞれ1枠=白、2枠=黒、3枠=赤、4枠=青、5枠=黄、6枠=緑、7枠=橙、8枠=桃と決められている。また同枠に同馬主の馬が入った場合外側の騎手は染分け帽(1枠は白と水色、他は枠の色と白の四つ割り(八つ割り)染分け)をかぶる。
法人馬主(ほうじんうまぬし)
会社組織(会員を集めているクラブなど)の馬主のことで、馬主を個人馬主と区別するときに用いられる。
放馬(ほうば)
競馬場やトレセンで騎手を振り落として逸走してしまうこと。競走当日においては返し馬のとき極度に興奮した馬が起こすことが多く、競走能力に影響することもある。
ポケット
「ポケットからの発走」などと使われるように競馬場のコーナーの奥まった場所を指す。例えば京都の2400メートルの発走地点は4コーナーのポケットからだし、東京の2000メートルは2コーナーのポケットということになる。またレース中に「ポケットに入って……」などということもあるが、これは馬込みに入って出るに出られない状況で脚を余すことにつながる。多頭数のレースなどではしばしばこんなケースが起こり、力を出し切れず敗れる馬がいるものだ。
保護帽(ほごぼう)
安全ヘルメットともいう。騎手はレースや調教のとき、また調教師、調教助手、騎手候補者など馬場調教をする者はヘルメットの使用(落馬に際して頭部の負傷を防ぐため)が義務づけられている。
歩様(ほよう)
馬の歩き方のこと。調子のいい馬は歩様がスムーズで伸びやかだが、どこかに故障や疾患を持つ馬、疲れがたまっている馬など歩様に乱れが出ることが多い。
ホライゾネット
目の周りを網状のカップで覆う装具。イレ込みを軽減するためや実戦での集中力を高めるために装着する。レースで使用する場合、ブリンカーとは違って装着についての発表はない。
ボロ
馬糞のこと。ボロの状態によって馬の健康状態をある程度チェックできる。ボロは軟らかいのは良くなく、落ちたときに三つ四つに割れるくらいの硬さがいい状態だといわれている。パドックなどでボロをする馬もいるが「ウンを落とす」といって嫌う人もいる。
本賞金(ほんしょうきん)
1着から5着までの馬主に対して、競馬会から交付される本来の賞金のこと。出走奨励金、距離別出走奨励賞、内国産馬所有奨励賞、特別レースにおける付加賞などは含まないものである。
本馬場(ほんばば)
実際に競馬の行われる馬場という意味で、芝コースをさす。ローカル競馬では現在も競馬場の本馬場での調教を行うこともあるが、中央場所の場合は関東は美浦、関西は栗東のトレセンで調教が行われ、競馬場の本馬場が開くことは少ない。美浦では南のCコースの内側、栗東ではDコースの内側が芝のコースになっている。
本番(ほんばん)
クラシックレースをはじめ天皇賞などの目標にする大レースを、前哨戦時、またレースの前などに「本番で……」という使い方をする。最近は賞金も高くなり、どのレースも目一杯のレースをする馬が多くなっているが、以前は「本番前のひと叩き」などという言葉も使われていたように前哨戦では意識的に余裕を持って馬体を造り、目標の大レースに向かった馬もいたものだ。
本命馬(ほんめいば)
そのレースにおける優勝候補で、メンバー中一番強いと思われている馬。予想紙の上では◎印で表示されている。中央競馬では現在馬券の主流が連勝式になっているため、2着までにくる確率の高い馬に◎印が付けられることもある。
ホームストレッチ
最後の直線コースのこと。直線の長さは競馬場によって異なる。平成13年リニューアルした新潟競馬場の芝コースが659メートルと一番長く、東京競馬場が526メートル、阪神競馬場の外回りが474メートル、その他の競馬場は250メートルから400メートルぐらい。