競馬予想総合情報サイト-当たる競馬予想~週末のレース予想をチェック!~

当たる競馬予想~週末のレース予想をチェック!~

全国の競馬場を紹介

競馬用語辞典

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

さ行 競馬用語

再騎乗(さいきじょう)
“落馬再騎乗”とも言い、レース中に落馬して競走を中断した騎手が、再度馬に乗って競走を続行すること。この場合騎手は馬とともに落馬した地点に戻ってレースに参加しなければならない。
裁決委員(さいけついいん)
着順の確定、異議の申し立てに対する裁決、出走馬及び騎手に対する保安措置と裁決、競馬の公正を害する行為の取り締まりなど競馬が施行される上で重要かつ絶対に必要な仕事を担当している。
再審査(さいしんさ)
裁決委員によって課せられる馬に対する制裁で、レース中に斜行したり逸走した馬には走路調教再審査、ゲート入りの悪い馬、ゲート内での駐立不良、発馬の特に悪い馬に対しては発走調教再審査が課される。この再審査にパスしないと次のレースに出走できない。
サイドレーン
頭の高い馬を矯正するための馬具。単純な革ひもで、ハミ環と腹帯をつなぐようにして使う。ハミ環の左右から両側に1本ずつ装着し運動させる。悍性の強い馬で頭を無理に上げようとする馬には中間にゴムなどを使って伸縮性を持たせ、刺激を与えないようにしている。
下がり馬(さがりうま)
昇り(あがり)馬に対して逆の意味に使われる言葉で、成績が徐々に落ちてきている馬、また、ピークが過ぎて、はっきり下降線を辿っていると思われる馬のこと。過去の実績にとらわれて、下がり馬を追いかけぬようにしたいものだ。
下げる(さげる)
レース中、騎手の判断で、意識的に馬順を下げること。他馬に寄られたり、挟まれたりしてやむを得ず下げることもあるが、末脚を生かす馬にとっては速いペースについて行っては持ち味を生かせないので、後方に下げてチャンスを待つこともしばしば見受ける。
笹針治療(ささばりちりょう)
単に笹針と言うことも多い。ハリ治療の中でも最もポピュラーなもので、「三稜針」という針を用いるが、この針の形が笹の葉に似ていることから“笹針”と名づけられている。急性の筋肉疲労(コズミ)でうっ血している部分に施し、刺激によって新陳代謝をうながす。つまり肩や腰に乱刺して放血させ疲労を取り除くことである。使い込まれた馬が休養する前に笹針を打つことが多く、休養期間は最低でも1カ月ぐらい必要といわれている。
ササる
調教、またはレース中に馬が内へ斜行することを言う。脚いろが一杯となって苦しくてササる場合と、馬自身の気性や癖でササる場合があり、後者の場合は左回りでササる馬は右回りになると“ヨレる”(外に斜行する)ことが多い。同じ斜行でも異なった意味で“モタれる”という言葉も使われるが、この三つの言葉にはっきりした区別がなくなってきている。
差し脚(さしあし)
馬の脚質のひとつで、先行馬群を射程圏に入れて進み、直線の勝負で速い脚を使い前にいる馬を交わす。目標にした馬をキッチリ捉えたとき差し切ると言い、及ばなかったとき差し届かなかったという。また、一旦先頭に立った馬が後方からきた馬に並ばれ、あるいは交わされてから巻き返して先着したとき差し返すという。この差し脚を武器に戦うタイプの馬を“差し馬”といっている。
挫石(ざせき)
蹄底に起きる炎症(内出血)のことで、走っているときに後肢の蹄の先端を前肢の蹄底にぶつけたり、あるいは石などの硬いものを踏んだときに発症する。蹄底の浅い馬、時として踏み込みの良い馬にも起こりやすい。前肢に多く発症し、蹄に熱をもち、ひどい跛行になる。
サラブレッド
馬の品種のひとつで、単に「サラ」と言うことも多い。現在JRAではこのサラブレッドだけで競馬が行われている。イギリスで長い年月をかけて競走馬として作られてきたもので、サラブレッドには「純血」という意味がある。一般用語としても家柄がいいとか育ちがいいという意味合いで“サラブレッド”という言葉は使われている。
三冠馬(さんかんば)
3歳五大クラシックのうち皐月賞、ダービー(東京優駿)、菊花賞を制覇した馬を三冠馬という。これはイギリスの競馬にならったもので、英国では2000ギニー、ダービー、セントレジャーの優勝馬を三冠馬と言っている。またアメリカではケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントSの優勝馬を三冠馬という。日本の場合は菊花賞が秋に行われるため、異なった距離の三つのレースを勝つことは大変難しく、41年セントライト、64年シンザン、83年ミスターシービー、84年シンボリルドルフ、94年ナリタブライアン、05年ディープインパクトの6頭がその栄誉に輝いている。シンザンが古馬の大レース天皇賞、有馬記念にも優勝し五冠馬と言われたが、シンボリルドルフ、ディープインパクトも五冠馬になっている。これに模して牝馬の三冠というのもあるが、桜花賞、オークス、秋華賞(95年以前はエリザベス女王杯)を制覇した馬で、昭和86年のメジロラモーヌ、03年のスティルインラブの2頭だけである。
三分三厘(さんぶさんりん)
ゴールまで約660メートルの地点のこと。一分が200メートルであることから計算されるわけだが、一般には3角過ぎの勝負どころという意味で使われる。騎手の話の中などでは「3分3厘から行って」とか、「3分3厘で手応えが…」など仕掛けどころという意味で使うことが多い。