競馬予想総合情報サイト-当たる競馬予想~週末のレース予想をチェック!~

当たる競馬予想~週末のレース予想をチェック!~

全国の競馬場を紹介

競馬用語辞典

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

た行 競馬用語

追突(ついとつ)
馬が走るとき、後肢の踏み込みが大きいか、前肢の地面の蹴り方が低いために、前蹄の蹄鉄を後蹄で踏みかけたり、突き当たったりすることを“追突”と言っており、馬同士がぶつかることではない。
使い減り(つかいべり)
レース間隔を開けずに、中1週とか連闘で連続的に使ったときに調子を落とすことで、馬体重が一戦ごとに減少することから使われるようになった言葉。また1度使うと消耗が激しく続けて使えない状態で、レース間隔を開けなければならないような馬の場合にも「使い減りして…」などと使う。細身の牝馬などにはこのタイプの馬が多い。逆に間隔を詰めて連続して使える馬のことを“使い減りしない馬”と言っている。
ツキアゲ
蹄球炎の俗称で、蹄球部の挫傷による炎症のこと。競走馬には裂蹄を合併するものが多い。
つつまれる
レース中に前後左右に他の馬がいて出て行くことも退くこともできないこと。「馬群に入って出られない」とか「ポケットに入って…」などというのがつつまれる状態である。馬数の多いレースでは実力のある馬でもこのような展開になることがあり、力を余して負けるというケースもままある。つつまれることは枠順やペースにもよるが、コース取りとも関連することで、騎手の上手、下手につながることである。
繋(つなぎ)
蹄の上部と球節の間の部位で、獣医学上の第一指(趾)骨で構成され、第二、第三指(趾)骨は蹄の中にある。つなぎは馬体の重さ400~500キロもある重量を受けて、これを和らげる重要な部位である。疾走するとクモズレを起こすこともあるほど沈下することからもいかに大切なところかが分かろう。
強目(つよめ)
攻め馬やレースにおける脚いろを表す言葉で、馬なりより強目という意味で使われている。仕掛け気味にきているが一杯でなく、まだ追えば時計が詰まる、そんな状態を指す。以前は軽いキャンターより強目、15-15より軽いものをいい、厩舎関係者の間では今でもこういう意味で使っている人もいる。
ツル頸(くび)
パドックで歩いているときなどに頸を鶴のように曲げている状態をいう。神経を高ぶらせている馬によく見かけるが、一見、気合に満ちあふれ、いかにも走りそうな印象を与えるが、馬の気性の現れで、競走能力とは関係ない。